2016年9月30日金曜日

SAKE女イベント第3弾 「江戸の食と酒を楽しむ夕べ」


SAKE女イベント第3弾:2016年9月28日(水)

東京オリンピック・パラリンピック2020年を迎えるにあたり、知っておきたいことがあります。
それは、東京にもおいしい地酒と焼酎があるということ。
残念ながら、意外に知らない、でも大切なこと。
SAKE女の会では、東京のおいしいお酒たちをご紹介し、造り手の方をお迎えし、その魅力に迫ります。
今回は、江戸は慶長元年(1596年)創業の豊島屋本店、第16代目吉村俊之社長をお迎えし、江戸の商材を使った料理とともに楽しみました。


会場は、錦糸町の人気店。「蔵・みそら屋」。
この日のために江戸東京野菜やそのほかの東京産食材をたっぷりと揃えてくれました。この界隈では酒がうまい、つまみがうまい店として知られています。





本日の資料。お勉強もちょっぴりと。
東京には10蔵の地酒蔵が。そして、伊豆七島は各島に焼酎蔵が点在しています。


吉村社長のご挨拶。

重右衛門の生酒で乾杯。しっかり味がありながら清涼感もある一杯。




今日のラインナップ。東京柴の新しい蔵「江戸開城」。多摩地区の喜正などもそろえました。

豊島屋本店の「ひやおろし」。旨味がのった味わいはお燗向き。

 濁り酒。滑らかな舌触り。

 幻といわれる青ヶ島の芋焼酎。いろんな造り手さんがいて味わいの違いが面白い。


料理とお酒の説明は、きき酒師の中尾さん。盛り上げ上手!

しっかりと味わいの濃い江戸風のすき焼き鍋。東京の酒と合う合う。

八畳の明日葉のおひたしは心地いい苦み。


東京産の元気な野菜はなんだかとっても甘い!


たっぷり飲んで最後は三本締め!


 一部のお客様と♪

スカイツリーが見守ってくれました♪
みなさまとってもいい笑顔で帰られました。
ありがとうございました♪



次回は、豊島屋酒造様をお尋ねします。
10月29日(土)。奮ってご参加ください!










2016年9月25日日曜日

SAKE女イベント第2弾「全国9蔵のひやおろし飲み比べとナチュラルチーズを楽しむ会」


SAKE女イベント第2弾:2016年9月24日(土)

ひやおろしの季節です。
今回は全国9蔵のひやおろし飲み比べを体験。それぞれの銘柄に合わせ、それぞれのお酒の生まれ故郷の食材を使ったおつまみを合わせます。
ゲストは、土佐は高知から司牡丹酒造の竹村社長。会場は、国際フォーラム地下の「酒蔵レストラン宝」。全国9蔵の酒蔵さんが運営する日本酒好きにはたまらないお店です。司牡丹も運営蔵の一つです。





まずは、友田からご挨拶。
ひやおろしとは?楽しみ方とは?などをご説明。
さらに、竹村社長から400年以上続く蔵の歴史や龍馬さんとの関係、乾杯のお酒「雫酒」のご説明。
そしてカンパイ!



9蔵のひやおろしに合わせおつまみが。彩も美しい。奈良漬のクリームチーズ和え、山形那須の漬物、大分のりゅうきゅうが人気♪



竹村社長も友田もお席に座り一緒に楽しみます。
もちろんお席を回り、ご質問に答えます。
日本酒通のお客様も。日本酒きき酒師を持っている方も!


司牡丹「船中八策」のひやおろしとは戻りガツオの塩たたき。分厚さがすごい!まるでヒレステーキ並みの厚さです。


香港、台湾、中国から参加の方も!
皆さん日本語が堪能。日本酒のこともよくご存じ!
SAKE女とサポーターの皆さま、いい笑顔!


司牡丹のひやおろしは飲み放題。SAKE女のみなさま、大人の飲み方です。


途中からはひやおろしにあうナチュラルチーズを提供。
今回はスペインのハードタイプのチーズ「グラン・カピタン」。ホールで登場!



サーブと説明はSAKE女の圓子チーズ先生。今回のチーズは牛乳と羊乳のブレンド。ねっとりと濃厚で旨味がたっぷり感じられるタイプ。薄くスライスすればほろほろと溶け、塊だとじゃりじゃりと旨味の歯ごたえ(!)を楽しめる。とっても好評! ひやおろしとぴったり!
「こんなに美味しいチーズは初めて」という感想も。SAKE女は、チーズにも詳しいのです♪


その後は土佐のお座敷遊び。「ベロベロの神さま」の降臨です。


独楽を回し、「ベロベロの神様」の歌を歌いつつ、神様が「飲み手」を選ぶ。神の御意思はすべて独楽へ。おかめとひょっとこ、天狗の、いわゆる「下に置けない」=「可杯」のおちょこでぐぐっといく。



ひょっとこの正しい飲み方はこれ。
飲みほした後には「ごちそうさま」を言わなければ、再度、注がれる・・・・。こわいー。ごちそうさまはきちんと言いましょうね~。


SAKE女イベント。今宵はまだまだ盛り上がります。そう、ベロベロの神様とともに・・・・・。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。ひやおろしはまた来年、ご一緒に!
SAKE女のイベントやツアーはまだまだ続きます。









次回は、9月28日「江戸東京の食と地酒を楽しむ会@蔵みそら屋」です。












2016年9月16日金曜日

感動! (株)ダイナック 第7回商品開発コンテスト、審査員をやらせていただきました


全国に260店舗を所有する飲食店運営企業(株)ダイナック
従業員感動満足向上とモチベーションアップを目的とし、研鑽された技術力と想像性ある商品を開発・披露する場として、毎年行われている社内の「商品開発コンテスト」。
審査員を仰せつかった。
参加資格は、スタッフ全員。どんな立場からの参加もOK。
今年のテーマは、「○○○で頼みたくなる看板メニュー」で、ディナー部門とデザート部門にわかれる。
274作品の応募から、ディナー10作品、デザート6作品が残り、本日はそれを最終審査するというもの。ディナーグランプリには賞金10万円。準グランプリには5万円。特別賞には1万円。デザートグランプリは5万円、醇には3万円。
緊張しますね~。でも楽しみですね~。



1人づつのプレゼンテーション。観客も多くて緊迫の時間です。でも、このプレゼンが大切なのです。どのくらい思い入れがあるのか、食べる方は気になります。

審査員を目の前に、声も震えます。(怖がらせているつもりはありませ~ん、ホント)


試食の後は感想を述べます。実は、どれもおいしくて正直かなり驚きました。素人さんのコンクールではなく、すでに現場で働くプロの方のコンクールと実感しました。さすがです。


激しく蒸気を出す演出もあり!女性シェフのチャレンジもあり!

結果は、「四元豚コンフィの塔 エッグベネディクど~ん!」がグランプリ。ご飯の美味しさ、豚肉の美味しさ、卵の滑らかさにベネディクティンソースのコクがとても素晴らしいバランス。選手は、「ラ・メール・プラール横浜店」の瀬田将之料理長。

準は、「極!真!馬鍋(桜鍋」。骨髄が迫力。まるででみそそーすのように濃いデミグラス。好きな人はかなり好き・・・でしょう。

こちらも準。「豊潤なる大地の恵み 五彩奏でるポテトサラダ」。様々なジャガイモ料理が森合わせられています。

個人的にナンバーワンだったのがこれ。「ポタッキオ アッラ 参鶏湯」。イタリア風の参鶏湯。麦ごはんで出汁がしみて、鶏肉も柔らかくて、この日風邪をひいていた私にはものすごく体と心にしみた美味しさでした。

デザート部門。友田満点でもあり、グランプリ受賞したのがこれ。「酒粕ケーキと三河味醂梅酒のデザート」 。食器の選び方も洗練されているし、とにかく酒粕の風味がばっちり聞いたねっとりしっとりのケーキがすばらしい!びっくりしたー。こんな酒粕ケーキ食べたことない。これは、日本酒業界で商品化したいと思いました、ホント。三河味醂もプロ好みで上⒨種の味わいがしっかり感じられ、こちらもかなりすごい。選手は、↓の水野真以さん。燦ヒルトンプラザにお務めです。
かわいいでしょ。


こちらは準。「デザートで表現する5種のチーズ盛り合わせ」。お酒にも合います♪



入賞者とともに。

こちらは若杉 和正(中央)社長と審査員の皆さんと。とても刺激的なコンテストでした。(株)ダイナックさまは、社内コンテストにこれだけ労力をおかけになる力を持つ、素晴らしい企業様だと思います。参加の方々も生き生きとされ、審査員としても勉強させていただきました。ありがとうございました!